緑黒のカルチョ録

セリエAのサッスオーロ、ユヴェントスを中心に、サッカーについて書き記していきます

クロトーネ対ユヴェントスの感想

ユヴェントスも騒がしい代表ウィークを過ごしましたね。

移籍最終日を彩ったキエーザ選手の獲得、ロナウド選手のコロナ陽性、第3節ナポリ戦の不戦勝など、他のチーム以上に荒れ模様のシーズンになっていますが、セリエA第4節クロトーネとの一戦は1:1のドローに終わりました。

試合の内容を見ていきましょう。

スタメン3-4-3

           モラタ

     ポルタノーヴァ クルゼフスキ

フラボッタ アルトゥール ベンタンクール キエーザ

      デミラル ボヌッチ ダニーロ

GKにはブッフォン選手に出場機会が与えられ、必要だったのか不思議な代表戦の消耗やディバラ選手のコンディション不良もあり、若手が名前を連ねる形になっています。

試合はわずか12分にかなり軽い接触であったのにも関わらず、ボヌッチ選手がエリア内でファールを犯したとしてクロトーネにPK、FWのシミ選手が決められます。

その後、試合終了までクロトーネのソリッドな守備とカウンターに苦しむことになりますが、21分にキエーザ選手のクロスからモラタ選手のゴールで同点。

後半にはクアドラード選手を投入し攻めの姿勢を強めようとした直後、キエーザ選手が相手を踏みつけたとして一発退場。

10人となったユヴェントスはベルナルデスキ選手、ラビオ選手を投入し、モラタ選手が2度3度とゴールに迫るもゴールは認められず、かなり苦いドローに終わりました。

まず、疲労等の理由で主力選手を大量に欠いている事、多くの不運は忘れてはいけないと思うのですが、それでもこの選手層の差で以てして勝つことが出来るはずなのがユーヴェであると思います。

思わぬアクシデント続きに見舞われているピルロ監督ですが、苦しい序盤戦を繋いで本来の解決すべき問題に立ち向かうことが出来るでしょうか。

明日、1時55分のCLGS第1節ディナモ・キエフ戦は勝って欲しいですね。

 

以上、クロトーネ対ユヴェントスの感想でした。